妊娠検査薬の通販で安心妊活

妊娠を喜ぶ女性生理予定日に出血がない…。体が少し熱っぽい…。そうした場合、一番に妊娠を疑います

そして、妊娠を疑った場合には「妊娠検査薬」を使用するケースが多いです。妊娠検査薬はドラッグストアでも販売されていますが、現在では通販からでも購入できるようになっていますので、より手軽に妊娠の有無を確認できます。

ここでは、妊娠検査薬や通販について詳しくまとめていますので、ぜひ参考にしてください。

 

妊娠検査薬ってどんなもの?

妊娠検査薬とは、妊娠の有無を確認できる検査薬です。

体温計のような見た目で、尿を採取して検査を行ないます。一人でも簡単に調べることができるほど使い方は簡単でありながら正確な判定結果が出ます

手軽に購入できてリーズナブルなため、怪しい…と思ったときに使えます。そのため、中には使用したことがある方もいらっしゃるかも知れませんね。

陽性反応が出れば妊娠、陰性反応であれば妊娠していないというシンプルな判定で、実際に妊娠していると徐々に体に変化も現れてきます。風邪に似た症状が現れる方もいれば、早くからつわり症状が現れる方も。

 

また、通常の妊娠検査薬は生理予定日から1週間以降でなければ使用できませんが、早く結果を知り

妊娠した女性の様子

たいという場合には早期妊娠検査薬というものを使用するとスピーディーに結果を知れます

早期妊娠検査薬は通常の検査薬に比べて1~2週間早く使用できます。そのため、早く子供がほしくてこまめに検査をしたいという方にはぴったりです。

ただし、早期に判明できる半面正確性に欠けるというデメリットもありますので、購入する前にはどちらを購入するべきか比較しましょう。

 

現在、妊娠検査薬は様々なメーカーから販売されており、どれもほぼ100%の正確性を持っています

妊娠検査薬に至っては商品によって結果が異なるようなことはありませんので、自分が使いやすそうなもの、お値段がお手頃なものなど好みで選びましょう。

 

妊娠検査薬はどのタイミングで使えばいいの?

考える女性のイメージ妊娠検査薬は正確な判定がでますが、使用するタイミングが間違っていれば正しい判定が行えません。

また、妊娠する可能性のある性行為をしてから一定時間の時間が過ぎてからでないと、妊娠検査薬は使用できません。

というのも、女性の体は妊娠するとhCGというホルモンが体内で分泌されます。

このホルモンは受精卵が着床してからゆっくりと分泌されますので、すぐには妊娠したかどうかは確認できないのです。

妊娠検査薬を使ってhCGを確認できるのは、生理予定日から1週間以降です。

それ以前からもhCGは分泌されていますが、ごく僅かなので検査薬で判明できない可能性があります。

そのため、早く使用しても無意味になってしまう恐れがあるので、使用する場合には生理予定日を1週間過ぎてからにしましょう。

 

通販の妊娠検査薬でやってしまいがちなNG集

妊娠検査薬があれば、病院へ行かなくても妊娠していることが確認できるので非常に便利です。

ただ、手軽に調べられる半面、間違って使っている方も多いようです。

シンプルな使い方なので間違えるはずがないと思っていても、正しく使えていない事も考えられます。

ここでは、自分で通販を利用して妊娠検査薬を買った方がやりがちなNG行動をご紹介。

 

使うタイミングが早い

先程もお伝えしましたが、妊娠検査薬は生理予定日から1週間を過ぎてからでなければ正確な結果が出ません。

しかし、早く結果を知りたいからといって生理予定1週間前に使用してしまうフライング検査を行なっている方が多いです。

フライング検査をしても検査結果が早まることはありませんので、日が経つのを待つしかありません。

 

使い方を守らない

いち早く結果を知りたいときや動揺していると、説明書を読まずに使用してしまうことも。

しかし、間違った使い方をしていると正確な結果が出ませんので、きちんと理解した上で使うようにしましょう。

海外製品の妊娠検査薬を通販で購入すると、説明書が日本語じゃなくて読めない…ということもあります。

しかし、こうした場合でも、購入した通販サイトには使い方がちゃんと書かれているので確認してください。

妊娠検査薬の使い方は、基本的に尿をかけて(浸して)から水平な位置で1~2分待つというものです。

その際、尿をかける(浸す)時間を長くする、水平でない位置で待つと判定結果に影響が出てしまう可能性があるのでどのくらいの時間どのようにして待てばいいのか?確認しておきましょう

 

陰性だからといって妊娠していないとは限らない

妊娠検査薬の判定は正確ですが、場合によっては結果が陰性でも妊娠しているケースがあります

例えば、生理の周期がずれている、生理予定日を勘違いして早く検査をしてしまった、hCGの分泌量が少なかったなどの理由で陰性反応がでてしまった可能性が考えられます。

妊娠しているような体の変化があるのに陰性…、今回は妊娠してると思ったのに…という場合は、妊娠検査薬を使用した1週間後に再度使ってみましょう。

 

妊娠検査の比較(病院・市販・通販)

妊娠したかも…と思ったら、妊娠検査をする必要があります。

ここまでは妊娠検査薬についてお話してきましたが、病院でも妊娠検査を受けることができます。また、検査薬にも市販の商品を購入するか通販で購入するかという選択肢があります。

一番どの方法がいいのか?ここでは、それぞれの妊娠検査での特徴をまとめています。

 

病院

病院の先生妊娠の検査は基本的に産婦人科となりますが、病院によって検査内容が異なります。

一般的に行われる検査は問診や内診、尿検査や血液検査などですが、いずれも健康保険が適用されませんので全額自己負担となります。

というのも、健康保険は病気の治療に適用されるものなので、妊娠は病気ではありません。よって、自費診療となってしまうのです。

また、自費診療は病院によって自由に金額を設定できるので金額に差はありますが、5,000~20,000円が相場です。

金額はホームページにも記載されていないことが多いので、事前に電話で問い合わせて置くようにしましょう。

 

ただ、病院で検査を受けるメリットも当然あります。

病院の場合は検査薬では分からない部分まで調べることができます

検査薬は妊娠の有無を確認できますが、正常妊娠かどうかまでは分かりません。

早めに病院へ行けば、子宮外妊娠や胞状奇胎などの異常妊娠になった場合でも早期に発見できます。

 

市販の妊娠検査薬

妊娠検査薬は薬局、ドラッグストアで手に入れることができます。お値段も2回分400~500円程度なので、非常にお手頃です。

病院へ行かなくても自分で検査ができるのが一番のメリットです。

薬局は朝早くから夜遅くまで営業していますし、至るところにお店がありますので調べたいときにすぐ購入できます。

ただし、先程もお伝えしたように、妊娠検査薬は妊娠の有無は確認できても正常妊娠かどうかは確認できません。そのため、妊娠検査薬を使用して陽性反応が出たら速やかに病院へ行きましょう。

また、市販の妊娠検査薬の中でも早く結果を知れる早期妊娠検査薬は、第一類医薬品のため薬剤師がいる薬局でなければ購入できませんし、名前や住所を記入しなければなりません。

国内の通販で購入することもできません。

価格も2回分1,500円ほどになるので、薬局で購入するなら通常の妊娠検査薬がいいかもしれませんね。

 

通販

通販を利用する女性通販とはスマホやパソコンから注文できるサービスです。

妊娠検査薬は国内の通販サイトでも販売されていますが、個人輸入代行という海外商品の輸入代行業者を利用すれば、通販と同様の手順で海外製の妊娠検査薬を購入できます。

日本製にこだわる方には適していませんが、通販を利用すればお安く手軽に手に入れることができます

日本製の早期妊娠検査薬は2回分で1,500円ほどですが、通販であれば5回分で2,000円ほどです。1回分からの購入はできませんが、少しでもお得に買いたい方にはぴったりです。

通販のデメリットとしては、すぐに手に入らないということ。個人輸入代行となれば、海外からの発送なので到着まで2週間近くかかってしまいます。急ぎでほしい方には不向きですね。

 

通販で買った妊娠検査薬で陽性反応が出たら!?

通販で妊娠検査薬を購入し、もしかして…というタイミングで使用してみると、なんと陽性反応が!

はじめて妊娠された方であれば、この後どうすればいいか分かりませんよね。

妊娠検査薬で陽性反応が出た場合には、この後病院へ行くこととなりますが、あまりに早く行き過ぎると検査はできません。

特に早期妊娠検査薬を通販で購入された方は、通常よりも早く妊娠を知ることになりますが、理想の病院へ行くタイミングは生理予定日から1~2週間後です。

ただし、場合によっては病院へ行っても正確な検査結果が出ずに、改めて病院へ行かなければならないこともあります。そうすれば手間もお金も2倍です。

そうならないためには、生理予定日前に陽性反応が出た場合でも生理予定日に再度検査薬を使用、生理予定日から1週間後に再度検査薬を使用しましょう

 

通販で妊娠検査薬を買う方法

日頃から通販をよく利用されている方であれば、海外医薬品を取り扱っている通販(個人輸入代行)もスムーズに利用できるでしょう。

サービス自体は個人輸入代行と国内通販は違いますが、利用する側としては手順は同じなので通販に慣れている方は問題なく購入できます。

 

通販で妊娠検査薬を購入する流れは、

1、商品を探す2、注文したい商品を買い物かごへ入れる

3、注文者情報の入力

4、入力内容の確認

5、商品到着

となります。

商品到着まで2週間ちかくかかりますので、注文する際は早めの利用をおすすめします。

 

信頼できる通販サイトで妊娠検査薬を買おう

有料サイトを選んだ女性妊娠検査薬を取り扱っている通販サイトは多数ありますが、悪質な通販サイトが存在するのも事実です。

悪質な通販サイトを利用してしまうと、お金を振り込んだのに商品が届かなかったり、ニセモノが届いたり…トラブルに巻き込まれる恐れがあります。

また、個人輸入は国が認めていますがすべて自己責任での利用となるため、こうしたトラブルに巻き込まれても自分で責任を負わなければなりません。

気持ちよく買い物をするためにも信頼できる通販サイトを見つけましょう

 

情報量が多い

通販サイトの中には会社の所在地や連絡先が記されていなかったり、商品の画像がないことも…。誰が見ても安心はできないような通販サイトは利用を避けましょう。

情報量が多いということは、それだけ利用者に優しい、利用者目線になってくれている証拠です。

サイト情報や特定商取引法などのページで運営者の名前、住所、連絡先などが載っていることを確認し、商品の画像や用法用量などについて詳しく記載されているサイトを選びましょう。

 

クレジットカードでの支払いができる

カード払いがあると便利だからという理由ではなく、カード払いができるということはクレジットカード会社から信用されている証拠だからです。

「カード払いができない=危険」というわけではありませんが、カード払いができればそれだけ信用できますので、安心度も増します。

 

問い合わせ対応している

多くの通販サイトが問い合わせ対応していますが、問い合わせ窓口がないことに気づかず利用してしまうと、トラブルが起こったときに対応してもらえません

また、実際に問い合わせ先が記載されていても、メール返信がない、メールの文章がおかしい…ということもあるので、確実に信頼できるサイトか確かめるためには実際に問い合わせしてみるのが一番です。

 

口コミ数が豊富

通販サイトの各商品ページに口コミが記載されています。商品について書かれていることが多いですが、中には通販サイトの対応について書かれていることもあります。また、口コミ数が多ければ、それほど多くの方が利用しているということなので、安心にも繋がります。

 

妊娠検査薬の通販はこちらから

妊娠検査薬のパッケージ妊娠検査薬を取り扱っている通販サイトは多数ありますが、こちらの通販サイトで取り扱っている商品は100%正規品です。

値段も大体相場通りでカード払い可、郵便局留め可、安心梱包なので安心です。

 

また、通販の場合は1つ売りはしていませんが、妊娠検査薬の場合は何度か使用するケースが多いので複数売りはありがたいです。また、妊活中の方はまとめ買いされることも多いです。

届くまで時間はかかってしまいますが、誰にも知られずこっそり妊娠検査薬を購入したい、そんな方はこちらの通販サイトからぜひ注文してみましょう。

妊娠検査薬の購入はこちら

 

妊娠検査薬は通販でお得にまとめ買い~妊活授かるnet~